ひとり山歩き倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS (2/11)関市長良川右岸の118P

<<   作成日時 : 2018/02/14 18:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018(2/11)  


関市の長良川右岸の118P(118m・三角点無)に登りました。




画像
             長良川の展望





今週末も雪山好きには厳しい天気になりました。





どうしようかなと思いましたが先週の高井坪南西130コブ鉄塔から見えた西側斜面ソーラーパネルに埋め尽くされた鉄塔の建つ山はどうかな・・と。





画像
         奥の方の赤白鉄塔が建つ山です




地理院地図で見ると高井坪(△167・2)の長良川対岸にある118Pだと分かりました。しかもこの118P、南東尾根尻が岩剥き出し崖になって長良川に落ちてるのが別の写真によって判明しました。




画像
    画像中央左、崖の上に小屋のようなのも確認出来ます





これは確実に面白い山であろうと思いましたので登ってみます。





画像



画像






画像
    駐車地は山肌ソーラーパネルの下に広いのがありました




山肌ソーラーパネルはフェンスに取り囲まれて鉄塔巡視路起点も良く分からなかったのでフェンス右端に沿って登りました。暫くはフェンス横に踏み跡ありましたが藪っぽくなり林の中を登ることにします。




画像
         お墓3・4つに廃小屋がありました



画像
            藪は大したことない




画像
    鉄塔に着きましたがフェンスに囲まれ展望も乏しく残念




巡視路は北の方から上がってきてるようでした。




画像
      118Pの方へのんびり縦走、道もある感じ




118P、景色は開けないものの悪くないピーク。


118Pから先に何故か踏み跡が続いてました。




画像
        それを辿るとすぐ展望岩の上でした



画像
             関市街地方面




画像
           長良川と鮎之瀬大橋



画像




画像
        どうもあっちが南尾根尻崖の方だ





再び118Pに戻り南の方へ下ります。




画像
    酷くはないけど藪っぽい。またちょっと分かり難い。




水平分かりやすい尾根になってほんのちょっと登り返します。




画像
             再び長良川



画像
          先ほどの崖の奥に天王山



画像
          崖の上の小屋ではなかった



画像
       突き当りは素晴らしい岩のテラスでした




画像
             長良川上流



画像
              長良川下流



画像
            松鞍山〜大仏か?



画像




画像
          大変心地いい展望地でした




雲が無かったら御嶽山や中央アルプスも見えるのかな?



画像
        凄いソーラーパネル群の方に下ります




画像
             易しい岩の道



画像
    ちょっとした凹形状からソーラーパネル横に降り立って




画像





画像
      フェンス横を通り上に上がったら駐車地の広場












55分の周回登山でした。







中々楽しめる山で良かったです。





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(2/11)関市長良川右岸の118P ひとり山歩き倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる