(12/28) 飛騨川(飛水峡)右岸の424P(細尾谷右岸尾根) 七宗町の山

2016(12/28)


飛騨川右岸の424P(424m・三角点無)に登りました。


画像
飛水峡・飛騨川を見下ろす高度感ある展望は素晴らしいのですが・・






国道41道の駅<しちそう>~七宗大橋~七宗第一トンネル抜けると



画像
       このような山が飛騨川対岸に見えてきます



右手の険しく格好イイのが424Pです。



画像


画像
      豪快な岩尾根、以前から気になっていました



画像




画像
   登りは細尾谷右岸尾根、下りはその西側の谷を下りました



七宗第一トンネル手前の点滅信号を左折、橋で飛騨川右岸へ

踏切を越えたT字を右折暫くで・・




画像
     ここを降りて行った所が<飛水峡ロックガーデン>



画像
  廃墟公園といった雰囲気です。ココに駐車。正面の山が424P。



画像
       飛水峡に降りられるいいところなんですが・・



JR高山線の線路を跨いで道路を暫くテクテク。

細尾谷林道の起点が現れそれに入りました。



画像
林道に入り10m程でこんな踏み跡のようなものがあったのでこれを辿ると・・




画像
すんなりと岩尾根に乗ることが出来て飛騨川(飛水峡)と高山線好展望




鉄道マニアの写真撮影にとても良いところです。


ただこの先(上)は余りに豪快過ぎる岩尾根。




画像
   なので左手(西)に岩壁の基部を巻こうかと思いましたが



岩壁が高すぎて巻いても活路が見い出せるとも思えなかったので岩尾根を直登することにしました。最初の3~4mは大丈夫。


画像
           その上はかなり厳しい



引き返そうかと思いましたが右手に岩場を回り込むと割と易しく登れそうなラインが見えたのでそこを3点支持で、そこも見た目以上に厳しい所で岩や灌木を掴みながらかなり後悔していました。


3~4m程の急峻な3点支持を頑張ると岩の上は棚。




その先は山頂の424Pまで・・




画像



画像
             景色も随所で



画像




画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像
  七宗らしさ満点の素晴らしい尾根でした。顕著な難所も藪も無。



画像
              モチツツジ



画像



画像
この岩の上が424Pだと思います。景色はあまりでしたが雰囲気いいピーク。



画像
        その先で七宗北部の山(?)の展望



画像
      その先で鉄塔(中部電力 名倉・川辺線18号)



ここからは鉄塔巡視路を歩けます。


また東の細尾谷の方にも鉄塔巡視路が降りてました。



画像
          19号標識に従い巡視路を



画像
            19号鉄塔を越えて



画像
   巡視路なりに歩いたら谷に降りたところで道を見失いました




仕方ないのでこの谷を下ることにしました。
               


画像



画像
      この谷ではこれらの滝を見ることが出来ました



画像
       下の方では地形が険しくなってきました



画像
4段滝(画像は下の2段)が現れるともう道路も近いと感じますが・・



画像
       この先は完全なゴルジュになっていました



腰~胸まで水につかれば道路まで出られるのかもしれませんがこの時期は自殺行為同然なので(道路直前は崖記号だし)



画像
         仕方なく斜面を登り返しました




画像
そしたら余りに運のいいことに非常に立派なトラバース道に飛び出して



そのまま道なりこれを歩きジグザグ道を下り



画像
     落石注意標識の横で道路に降りることが出来ました




画像
     余程の自信がない限りお勧めできないルートでした





2時間10分の周回登山。






2016年最後の登山は反省の多いものになりました。


多彩な景観が楽しめましたが一部かなり危険、2度と歩かないルートです。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • もんり

    ひとり歩き倶楽部さま。
    ブログの手書き地図に憑りつかれ、遊んできました。
    まだまだこの辺りには何かありそうですね~。
    2019年12月26日 18:17
  • ひとり山歩き倶楽部のひとり

    もんりさんありがとうございます。
    実は手書きの地図は可愛くおかしみもあり自分でも気に入ってるところです。美濃加茂から七宗の辺の山は岩やツツジが多く展望も大抵開けて楽しめます。これからの時期冬型でも晴れることが多いのがありがたいです。
    2019年12月30日 10:38

この記事へのトラックバック