(4/22) 野谷荘司山

2018(4/22) 


野谷荘司山(1797・2m 2等・野谷荘司)に登りました。




画像
           野谷荘司山と奥に白山



画像
           野谷荘司山山頂から白山






大方、馬狩谷・大窪から鶴平新道の登山道を往復しました。





画像
         登山口駐車SP(標高730m)



画像
          鶴平新道登山口のカタクリ



画像
      ホワイトロード・馬狩谷交差点付近のカタクリ


画像
          同場所のキクザキイチゲ(白)



画像
            キクザキイチゲ(青)






まだ残雪多く馬狩谷の花本番はGW後半以降という気がしました。






6時40分頃出発。




画像
 残雪があり登山道も分かり難く感じたので歩きやすい所を登りました



画像
         芽吹き始めたブナ純林の尾根急登



画像
              ブナ純林




地理院地図にある破線が鶴平新道なのだとしたらそのすぐ南の急登尾根を登ってしまったようです。笹薮はほぼ無いし藪も濃くはないし危険も無いけど道の無い尾根急登は登りやすいとはいい難く疲れました。




画像



画像
       1050m辺りで傾斜が緩んで2重尾根





この辺から残雪充分で登りやすくなりました。



スノーシュー装着。




画像
    1100で歩きやすい鶴平新道のある尾根に出て・・



画像
            飛騨岩(三方岩岳)




画像



画像



画像
     1400m位から大パノラマの尾根径になりました




画像
      そして標高1500mで傾斜が緩んだ雪原棚





もうこの1500mで圧巻の360度展望でした。


北アルプスは当然ながら白山も。


スノーシューから12本爪アイゼンに替えました。




画像
          赤茶け尖った1602P




山スキーの人は雪べったりの北斜面をトラバースするようです。


普通の登山者は尾根に沿って雪だったり登山道歩いたり。





画像
             1602Pにて



画像
     雪の鶴平新道にそんな危険個所はありませんでした



画像
           展望は全く素晴らしい



画像
           北縦走路に乗りました




画像
        荒々しい雪の崩壊地越し白山が絶景




画像
         笈・大笠・三方岩岳・その右は?



画像
            笈ヶ岳がピラミッド



画像
             野谷荘司山絶景



画像
             雪の谷が絶景



画像
              絶景の登り




画像
          野谷荘司山山頂に着きました






登りは3時間40分。




無雪期は東の方だけ景色見える地味な山頂といったイメージを持っていましたが・・




画像
          北ソウレ山の上に北アルプス




画像
              白山が凄い





白山が本当に素晴らしくて驚きました。




画像
          魅惑的な白山へと続く縦走路




画像
              石川県方面




画像
      針葉樹の日陰で笈・大笠見ながら40分程休憩







積雪期の野谷荘司山は正に大絶景の山でした。


積雪期の三方岩岳や三方崩山のように嫌らしいところがほとんど無いのも素晴らしい。ただ下の方の登山道は分かり難い。







画像
             往復で戻ります



画像
             北縦走路絶景



画像
             猿ヶ番場山地味




三ヶ辻山の山頂が景色凄そうに見えました。





画像
              偶に登山道



画像




画像
           1500辺りの棚絶景



画像
             白川郷アップ



画像
        鶴平新道は途中までは分かりやすい




画像
           最後の方は分かり難い




馬狩谷の林道が近づくにつれ傾斜もゆるくなり林道には法面もないので下の方では登山道にこだわらず下りやすい所を下ればいいようです。




画像
        登山口から10m程南に降り立ちました







下りは1時間20分強。



5時間50分の往復登山でした。












荒々しさある鶴平新道と大らかな北縦走路の雪景色。



鶴平新道から登る野谷荘司山は大絶景でした。

























この記事へのコメント

この記事へのトラックバック