(4/13)舟伏山 (4/19)南西から鍋倉山南南西の935jctまで

2019(4/13)


舟伏山(2等・船伏山 1040・3m)に登りました。



画像
            イワザクラ




舟伏山は色んなルートから登ってますが今回は一般道です。



ほぼ10年ぶり。





画像
      あいの森から登り東コース、下り西コースで




画像




画像
   東コースの登り始めは伐採地、目指す舟伏山が良く見える




穏やかな植林尾根道、桜峠を経て



画像
             綺麗な落葉樹林



画像
             カタクリ少々




画像
            みのわ平を経て・・




画像
     10年前には無かったこんな景色開けるところ



画像
            イワザクラを見て


画像
            山頂台地に上がり



画像
             山頂は素通り




画像
             バイケイソウ



ランチは小舟伏山北の展望のいい周辺でと




画像
           このザレ斜面が景色いい




画像
   この日は念の為ザレ斜面東側を何年かぶりにロープ出して







画像
            冠~能郷~大白木山



画像
           大白木山~屏風~西金山




残念ながら周辺展望見ながら落ち着いて腰を下ろせるところ全くないんでランチ適地ではありませんでした。



適当なところから登り返し西尾根入口で大休止。





画像
            下山は西ルートで



画像





画像




画像





画像
          ミツマタ、初めて見たかも



画像












東ルートは以前よりも変化ある楽しいルートになっていました。

















(4/19)南西から鍋倉山935jctまで登りました。









画像



画像




画像






地理院地図で西濃の方を見ていて鍋倉山(1049m)南西中腹731P北に拡がる起伏ある緩斜面が気になりました。秘境感は薄いのでしょうが水飲(花房山中腹)を思わせるいいところじゃないかと・・。





画像
        駐車地は525標高点辺りに3台可




右手の道路を少し歩いて取付き容易→少しで植林棚→さらに一登りで植林尾根




画像
   片側自然林になったり植林に自然林になったり・・藪は無し



画像
        途中左下白ガレがあり貝月山展望



花崗岩の尾根だと分かりました。




画像
      複雑形状の大きな680コブから先は中々いい




この辺で右下の沢に降りないとなぁ・・と何となく歩き続けて




画像
 勘で東の綺麗な谷に下降。この急下りはちょっと神経を使いました。




画像
      概念図赤丸1の谷に降り立ちました。いい雰囲気。



適当なところから対岸斜面を登り返し・・



画像
          登りついたところはヤセ尾根



731p北の広大な緩斜面に登りつくと思い込んでいたので驚いて地図を見返すともうちょっと早目に谷に降りないといけなかったのだと分かりました。



仕方なくそのまま尾根を進みまた下れそうなところから右下の沢に向けて下降。



画像
   概念図赤丸2のところに降り立ちました。まあまあの雰囲気。




登れるところ見つけて対岸を登り返して




画像
        731p北の広いところに出ました



足元にはカタクリの一ッ葉多い。



画像
            ただ花は一つだけ




731北広々は北の端の辺を歩きました。


短い植林帯を過ぎて




画像
           自然林緩斜面の登り





画像
         左下の谷がいい感じに見える




画像
          すぐ北の尾根もいい感じ



画像
   尾根形状がハッキリしてきて935まで自然林続きました



画像
    935jctに到着した途端枯れ果てた笹が現れました




笹は濃いものでは無く鍋倉山稜線もすぐ近くに見えましたがここで下山することにします。




画像
        下山は935から南西西方面の尾根へ






暫く濃くないものの枯れ果てた笹が続きます。


830辺りで笹消えたと。





画像
           笹が消えるといい感じ




画像
      750微妙なコブでは槍ヶ先、六字ヶ峰展望




ここで伊吹山・国見岳の展望見えそうで見えず、惜しい。




画像
   731pすぐ北の広々地形は小沢流れる手入れされた植林帯




731p北の広々は北が自然林・南が植林でした。





画像
731西650等高線ピョコしてる尾根なりですんなり概念図赤丸3へ




画像
           あとは沢下りを少し



画像



画像
          左岸から落ちる中々の滝






左前方上に道路が見えてきたらそれに上がりあとはその道路ちょっと歩いて駐車地へ。






3時間20分の周回登山。












731北の広々は南が植林で残念でした。



往路のルートは935までほぼ藪が無く気分よく歩けました。特に下の方は花崗岩地質のお陰か歩きやすい。ただ尾根上に巨木はあまりなく奥山の雰囲気は薄かったです。一方谷やその斜面には見事が巨木が見られ花崗岩地質ならではの色鮮やかさもあり秘境色がありました。





また往路の取りつき尾根をそのまま歩き続けても地図の破線まで藪をこぐことなく綺麗な自然林を歩けそうに見えました。






           









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック