(5/8)熊伏山・北尾根尻から (5/12) 新穂高ロープウェイから丸山

2019(5/8)



北尾根尻から熊伏山(1653・7m 1等・熊伏山)に登りました。




白州の代わりになるような藪のない藪尾根歩きが可能な山域はないかな・・出来ればもうちょっと近い所で・・と伊那谷南部の地形図で見つけた尾根がこの熊伏山北尾根です。





画像
   国道151<新炭焼橋>から熊伏山 左手の方から登りました



画像





画像
      北尾根尻には神社、左手から踏み跡ありました



すぐに植林急登、薄い作業道辿り何とか登れます。



画像
          傾斜が緩むと中々の雰囲気



画像
          △612・5 4等・尾之島



画像
       さらに進んだこの辺はかなりいい雰囲気



画像
            その先はまずまず


画像



画像
       残念ながらこの尾根に立つ鉄塔は景色無



画像



画像
       が、西側若い植栽地ありこのような景色



画像




画像
              まずまず



画像
         △1012・2 3等・大久保



画像
              まずまず



画像
      良いブナ出てきましたが西側植林が続き台無し




その後全面植林暫く続き駄目だこりゃ。



画像



画像
         いい感じになったと思ったら・・



すぐに唐松植林。




画像
            かろうじて御嶽山



画像
         かろうじて中央アルプス南部




画像
           かろうじて聖岳の辺り





画像
    展望を期待した東側大ガレコブは灌木で景色今一で残念




展望は余りよくない尾根でした。



画像
    地理院地図にある破線に合流したはずだが道はどこ?





画像
  小綺麗に整地された狭い熊伏山山頂到着。景色は思いの外今一。






下山は途中まで往路を戻り790mあたりから東に鉄塔巡視路を下りました。植林多くまた途中で道も見失い最後はまた巡視路見つけて




画像
           ここに降りてきました





魅力の全くない巡視路でした。










熊伏山を北尾根尻から登りましたが自然林・植林が半々という感じ。


いいところもある。退屈なところもある。


原始の雰囲気はほとんど無く人の香りがする尾根。





花と景色は少なめ、藪は全くなく概ね歩きやすい尾根でした。














(5/12)新穂高ロープウェイから丸山









新穂高ロープウェイ、密かにあこがれていました。


この時期、登山者用無料駐車場は空いてました。





画像
          良い天気、新穂高温泉にて



画像
    ロープウェイも割と空いていて朝一番の便に乗れました



画像
      ロープウェイ屋上が展望台、素晴らしい景色




画像
            笠ヶ岳、抜戸岳



画像
             槍ヶ岳~南岳



画像
            南岳が好きです



画像
              西穂高岳




画像
               焼岳





折角なんで西穂山荘超えて丸山まで往復することにしました。





画像
山頂駅出ると雪べったり、暫く小さなアップダウンで標高上がりません



画像
        やっとこさ西穂山荘に向けての急登




画像
         西穂山荘に着いたら背後に乗鞍





GW明け次週のロープウェイ山頂駅~西穂山荘は雪べったりでした。




想像通り退屈な登山道。夏靴ノーアイゼンでも危険は無いですがアイゼンあった方が歩きやすいです。





画像




画像
        西穂山荘も密かにあこがれてました





画像
           丸山へ向けて登ります




画像
        振り返ると乗鞍・焼岳が素晴らしい




画像
              西穂高




画像
           焼岳と乗鞍が素晴らしい




画像
            上高地と霞沢岳





画像
             丸山。好展望。





西穂山荘~丸山まではアイゼン必要なかったです。



往路を戻りました。










初めての新穂高ロープウェイ。良かったです。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック