(5/11)馬瀬トンネル南口から北に3つの三角点往復

2020(5/11)


馬瀬トンネル南口から4等・八方ヶ原(1068・3m)3等・数河(1103・4m)4等・中之谷(1067・3m)に往復で登ってきました。




IMG_3734.JPGただただ快適な縦走路


IMG_3844.JPG

IMG_3845.JPG


IMG_3676.JPG駐車地は馬瀬トンネル南口から派生する林道に少し入った所


この林道を歩きました。



IMG_3813.JPG林道は荒れています

IMG_3677.JPG支線林道分岐が現れる手前で林道終点


そこから植林の道を少し歩きすぐ左下の小沢に降り跨ぎ一つ尾根を乗り越してもう一つ隣の植林尾根尻付近から急登(いずれも簡単)



IMG_3681.JPGやがて伐採された尾根になり遮るものない展望(笹は登山靴から膝下)


IMG_3688.JPG

IMG_3691.JPG970からは暫くこんな感じの自然林をのんびりと


1040で主稜線?に乗ると西側植林、疎らで低い笹に道。

すぐ左下(西)に地図にない林道。



IMG_3696.JPG

IMG_3789.JPG片側植林は残念でしたがミズナラ・ブナ巨木が出てくる

IMG_3697.JPG4等・八方ヶ原は2回目、景色は無いもののブナ巨木有

IMG_3699.JPGその先は膝下の疎らな笹に道。展望は樹林越し。

IMG_3784.JPG何とか白山展望

IMG_3701.JPG鞍部で一端地図にない林道に降り1076p向けて登り返す

1076p過ぎて暫くで笹消えた気がします。西側植林続く。



IMG_3706.JPGスッキリだが何だか樹林が飛騨里山っぽい、白樺とか赤松とか

IMG_3708.JPG

IMG_3709.JPG完璧に整備の行き届いた道に

IMG_3712.JPG石の感じいいピーク


1074p北のコブは地図で見ると要ルートファインディング箇所。

ただ実際は良く目立つ目印連続で迷いません。



IMG_3718.JPG△1103・4への登り途中から再び美濃っぽくなった


飛騨っぽい、美濃っぽいというのはあくまで個人的な印象です。



IMG_3722.JPG△1103・4(3等・数河)刈り払われてるも展望無


この先もよく手入れされた歩きやすい道が続きました。目印も沢山。



IMG_3729.JPG

IMG_3735.JPG

IMG_3767.JPG

IMG_3731.JPG

IMG_3736.JPG△1067・3への登り返しから△過ぎ暫くが一番心地いい縦走路でした


△1067・3(4等・中之谷)はいつの間にか通り過ぎてました。余りにも快い縦走路だったので。



IMG_3741.JPGほんの小さなコブでやっとちょっとの景色

IMG_3742.JPG
巨大ブナ(?)枯木。


ここで高度計見ると1140mで△1167・3通り越してることに気付きました。


地図も△1167・3で切れてましたが北に続く尾根には完全な刈り払い道が付いてるようなのでもうちょっと行ってみることにしました。




IMG_3744.JPG1153pを見ながら・・

IMG_3746.JPG


1120で植林帯になり大下り始まりそうな雰囲気になったので・・



IMG_3753.JPG
刈り払い道を戻りました

IMG_3757.JPG

IMG_3765.JPG△1067・3

IMG_3766.JPG

IMG_3768.JPG

IMG_3769.JPG

IMG_3771.JPG

IMG_3773.JPG△1067・3前後の800m位は大変いい感じでした


IMG_3785.JPG

IMG_3788.JPG御嶽の展望はこれが限界

IMG_3804.JPG再びの笹原へ

IMG_3799.JPG4等檜ヶ洞と3等浅谷

IMG_3806.JPG







4時間55分の往復登山でした。








境界尾根は片側植林のところが多かったです。

北アルプスと御嶽の展望地がないのが残念でした。

全線快適な行程だったのですが特に綺麗に整備の行き届いた境界尾根後半が圧巻。



馬瀬の山はすくすく育ったブナ巨木が多いようでそれをほのぼの歩きで見られるのが癖になります。
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント